dummy

先輩の声

「コンサルタント業とは」

 私が過去に教わり、また、考えているコンサルタント業は以下のとおりです。

 コンサルタント業は産業中分類ではサービス業に位置づけられています。よって、ホテルやレストランその他のサービス業と本質的に変わりません。高度に洗練されたサービスを提供するためにサービスマインドが根底に必要で、可能なサービスは積極的に行います。

 下水道の世界は広いようで狭く、何年か振りにであった顧客様から声を掛けていただく…
これが私の理想です。コンサルタントの仕事は、つまるところ話すことであると考えます。その前提となるのが、相手の話を聞く力、洞察力、説得力、高度な知識です。知識がないと、自信をもって話をすることができず、客先の判断力が鈍り、業務量が増える原因となる場合があります。
「話す」ことができる…これがコンサルタント業と考えます。

 コンサルタント業は野球選手と同様に、プロフェッショナルという自覚が必要で、責任感が非常に重要です。責任には客先に対する契約上の責任、チームメンバーに対する信頼上の責任、自分自身の言動に対する責任があり、責任感を持つことにより、自分の能力開発を高め仕事の管理も効率的にすると考えます。

ISO9001 認証登録

iso9001

Copy right(c) 2004-2013 Sansui Consultant Co.,ltd. All Rights Reserved