dummy

長寿命化対策(処理場・ポンプ場)

 ポンプ場は、管渠の埋設深さが深くなって不経済となる場合に、汚水を地表面近くに揚水し、次のポンプ場または処理場へ送水する重要な施設です。

 また、処理場は、下水道管理者が定める放流水を、技術上の水質基準に適合するよう下水を処理する重要な施設です。

ストックマネジメント手法を踏まえた下水道長寿命化計画策定に関する手引き(案)
(クリックで拡大)

 ポンプ場や処理場には多種多様な機器が設置されています。
一部機器の老朽化、劣化により施設の機能が停止すると、次のようなトラブルが発生するリスクが高くなります。

  • ポンプ場や処理場の水没
  • 周辺地域への汚水の流出
  • 河川への汚水流出による水質悪化 など

 これらのトラブルや、それによって生じる二次災害を未然に防止し、また改築更新の予算を計画的に確保するため、長寿命化支援制度を利用して改築を行う必要があります。

長寿命化調査例

 

 三水コンサルタントでは、下水道長寿命化支援制度に基づき、資料収集、現地調査を行い、LCC(ライフサイクルコスト)が最適となるよう長寿命化計画を策定します。

近年の実績

ISO9001 認証登録

iso9001

Copy right(c) 2004-2013 Sansui Consultant Co.,ltd. All Rights Reserved