dummy

し尿投入施設

し尿等投入施設の計画・設計

 下水道計画区域外のし尿・浄化槽汚泥を処理するし尿処理場の処理量の減少と施設の老朽化にともなう設備の更新を要する自治体も多く、汚水・汚泥処理に係る経費が、財政的にも大きな負担となっています。

 一方、近年の人口減少、節水化等により下水道処理施設に余力がある場合は、し尿等を受け入れることにより、効率的な汚水処理事業の展開を図ることができます。

 下水道計画区域外のし尿・浄化槽汚泥を処理するし尿処理場の処理量の減少と施設の老朽化にともなう設備の更新を要する自治体も多く、汚水・汚泥処理に係る経費が、財政的にも大きな負担となっています。

MICS事業

 MICS事業は上記の課題に対応したものであり、処理人口及び処理水量の1/2以上を下水道が処理対象としている地域において、し尿処理施設や浄化槽汚泥処理施設等の事業と共同で利用できる施設を下水道で整備することができる事業です。

 下水道とし尿・浄化槽汚泥の共同処理として、MICS(汚水処理施設共同整備)事業により事業を進めることが合理的、経済的と考えられます。

計画と設計

 し尿の投入計画の検討により、下水道とし尿・浄化槽汚泥の共同処理を行い、施設の有効活用、共同の維持管理を行います。

 既存の処理場の流入水量の検討、処理能力検証が必要となりますが、必然的にスケールメリットの働きによる、コスト縮減、維持管理費の低減が期待できます。し尿の投入計画に係る問題点を整理し、地域の実情に見合ったし尿の投入計画を提案します。

図 水処理系への投入施設例

近年の実績

ISO9001 認証登録

iso9001

Copy right(c) 2004-2013 Sansui Consultant Co.,ltd. All Rights Reserved