dummy

浄化槽整備

 公共用水域の水環境保全に下水道は大きな役割を担っています。下水道による生活排水等の処理は、大きく分けて下水処理場と合併処理浄化槽による処理があります。

合併処理浄化槽は一般に、中小市町村や中山間地域等、人口密度が低く家屋間の距離が長いために、公共下水道や集落排水等の管渠整備が経済的に適さない地域において、効率的な汚水処理システムとされています。

浄化槽整備による生活環境の改善

 合併処理浄化槽を整備するにあたり、浄化槽整備事業によって個人負担を軽減することができます。設置に係る期間が短く投資効果の発現が早いため、集合処理(公共下水道、集落排水等)以外の地域における生活環境の改善を効果的・効率的に進めることが可能です。

浄化槽整備に係る助成の概要


 市町村が浄化槽整備事業を実施するにあたっては、以下の計画の策定が必要です。
(なお、採用する事業または利用する交付金制度により、必要となる計画は異なります。)

  1. 「生活排水処理基本計画」の策定
  2. 「循環型社会形成推進地域計画(地域計画)」の策定
  3. 「地域再生計画」の策定

 三水コンサルタントでは、市町村の状況や方針に合わせて、環境関連分野である「生活排水処理基本計画」及び「循環型社会形成推進地域計画(地域計画)」の策定から、横断的な政策により地域再生を目指す「地域再生計画」の策定まで、幅広く支援します。

近年の実績

ISO9001 認証登録

iso9001

Copy right(c) 2004-2013 Sansui Consultant Co.,ltd. All Rights Reserved