dummy

氾濫解析・治水計画

 河川は治水、利水の役割だけではなく、環境保全の重要な役割を担っています。平成9年の河川法の改正以降、河川の特性と地域の風土・文化などの実情に応じた河川整備が推進されていますが、市街化が著しい都市域では洪水・浸水被害が頻発している状況です。

 治水安全度の向上に対しては、河川と下水道のそれぞれで役割を担う総合的な治水対策が必要となっています。

 最新の技術を駆使し、地域住民の意見を取り入れ、治水安全度の早期向上に役立つ治水計画を策定いたします。

治水計画策定手順

 治水計画は以下の手順で策定します。

計画策定のフロー
  1. 対象河川の現状把握
    社会的特性、地形・河川条件、水理水文特性の把握
     
  2. 計画規模(治水安全度)の決定
    河川の重要度を重視し、既往洪水の被害実態、経済効果等を考慮
    同一水系内の他計画との整合性を配慮
     
  3. 対象降雨の選定
    降雨量を設定し、降雨継続時間を決定
     
  4. 基本高水洪水の決定
    洪水流出モデルによりハイドログラフを求め、既往洪水、計画対象施設の性質等を考慮して決定
     
  5. 計画高水流量の決定
    基本高水を河道、ダム、調節池等に分配し、主要地点の河道等の計画流量を決定
     
  6. 河川整備計画の策定
    治水機能、利水機能、環境機能の調和を図った計画を策定
    必要に応じ、超過洪水対策の計画を策定

近年の実績

ISO9001 認証登録

iso9001

Copy right(c) 2004-2013 Sansui Consultant Co.,ltd. All Rights Reserved