dummy

河川

 平成9年の河川法の改正以降、河川の特性と地域の風土・文化などの実情に応じた河川整備が推進されています。

 河川は、治水・利水の役割だけではなく、水辺空間や多様な生物の生息・生育環境つくりの役割も担っています。また、地域の風土と文化を形成する重要な要素として、その特性を活かした川づくりが求められています。

 今後は、水資源、生態系、治水に大きくかかわっている河川に対して治水計画を立案し、防災、減災、環境保全に取り組んでいく必要があります。

 河川における災害対策

河川に関する主な業務

  • >>治水計画の立案
    河川法に基づき、以下の計画を立案いたします。
    • 河川環境の整備と保全
    • 河川整備計画の立案と住民意見の反映
    • 渇水調整円滑化のための支援
    • 樹林帯制度の創設
    • 水質事故処理
    • 不法係留対策
       
  • >>洪水ハザードマップの作成
    防災、減災にはハード対策だけではなくソフト対策が重要になります。その一つとして「洪水ハザードマップ」があります。これは住民が平時に水害リスクを認識し、出水時に提供される情報から的確な避難行動をとるためのツールです。
    河川の氾濫解析による洪水浸水想定区域図を作成し、避難情報などを組み入れた「洪水ハザードマップ」を作成します。
     
  • 河道・護岸等
    河川の特性、地域特性等を考慮し、最適な河道・護岸等の設計を提案します。
     
  • 調整池・遊水地等
    河川の洪水対策として調節池・遊水地は重要な施設です。河川の特性、地域特性等を考慮した最適な対策を提案します。

ISO9001 認証登録

iso9001

Copy right(c) 2004-2013 Sansui Consultant Co.,ltd. All Rights Reserved