dummy

下水道BCP

 重要なライフラインである下水道は、災害発生時にも下水道業務を継続させることが求められています。


災害発生後の業務レベルの回復概念図

 BCP(事業継続計画)とは、Business Continuity Planの略で、災害発生時のヒト、モノ、情報およびライフライン等の利用できる資源に制約がある状況下においても、適切な業務執行を行うことを目的とした計画です。

 従来の震災対策は施設の耐震化の促進や被害発生後いかに早く復旧するかに取り組んできたものでした。

 しかし、下水道BCPは、耐震化の推進を前提にしつつも「職員や事業所が被災するかもしれない」という制約条件の想定の下で、下水道の機能の維持や早期回復を図っていくための取り組みを検討し災害に備えるものです。下水道BCPの策定を契機に全庁のBCPに発展させて行くことが可能です。

 下水道BCPは、社会資本総合整備計画で「基幹事業」として位置づける下水道総合地震対策事業の事業効果を高める「効果促進事業」として位置づけられます。

 三水コンサルタントでは、基幹事業とともに下水道BCP策定などの効果促進事業も活用し、より事業効果を高めるご提案をいたします。

BCP策定業務支援

 下水道BCPの策定に際しては、具体的に以下の作業が必要となります。

  1. 非常時対応計画
    リソース(ヒト、モノ、情報、ライフライン等の資源)の制約を踏まえ、災害発生後に実施すべき対応手順を時系列でとりまとめ提案します。
     
  2. 事前対策計画
    対応の目標時間」又は「現状で可能な対応時間」を早めるための各対策を提案します。
     
  3. 訓練・維持改善計画
    非常時対応計画の確実な実行と下水道BCPの定着のための訓練、及び下水道BCPの維持改善について提案します。

 三水コンサルタントでは、自治体の下水道BCP策定業務を支援します。

近年の実績

ISO9001 認証登録

iso9001

Copy right(c) 2004-2013 Sansui Consultant Co.,ltd. All Rights Reserved