dummy

水道施設耐震診断・補強設計

 日本の水道普及率は97%を超え、市民生活や社会経済活動に不可欠のライフラインとなっています。そのため、地震などの自然災害、水質事故等の非常事態においても、基幹的な水道施設の安全性の確保・重要施設等への給水の確保・被災後の速やかな復旧が必要とされています。

水道施設耐震化の動向

 耐震化の現状は、平成24年度時点においても、管路・浄水施設・配水池ともに50%以下となっています。(厚生労働省発表)

水道施設耐震化の効果

 水道施設の耐震化として、以下のように体系化・分類ができます。

耐震診断・補強設計解析手法について

 三水コンサルタントでは水道施設の耐震化計画策定指針・水道施設耐震工法指針に基づいて、施設の耐震診断・補強(補強設計)方法のご提案をします。

近年の実績

ISO9001 認証登録

iso9001

Copy right(c) 2004-2013 Sansui Consultant Co.,ltd. All Rights Reserved