dummy

下水道施設の計画・設計

 わが国の下水道は、国民が健康で快適な生活を営むためのナショナルミニマムとして整備が進められ、特に高度成長期からバブル期にかけて急速に普及率が向上してきました。

 しかしながら人口の一極集中、少子高齢化、厳しい財政状況など、社会情勢が大きく変化する中で、当初の下水道計画は、現状と大きく乖離してしまったケースが生じています。これに伴い近年の下水道計画見直しでは、処理区域や施設能力の見直しが多くなっています。

 一方で、今だに下水道の恩恵を受けていない未普及地域の解消、たび重なる巨大地震や頻発するゲリラ豪雨などに対する安全性の向上、下水道施設の老朽化、下水処理の高度化や事業の継続性など、多くの課題を抱えています。またこれらの課題は時代背景と共に変化していきます。

 三水コンサルタントでは、下水道施設の計画・設計の中でこれらの課題解決に向けた検討を行い、各種制度の適用や効率的な事業運営に向けた取り組みを提案し、PDCAサイクルによる持続可能な事業運営をサポートします。

各種計画の策定・見直し

 人口減少に伴う効率的な計画の見直し、国の支援制度に基づく各種事業計画の策定、及び、ストックマネジメント(長寿命化計画を含む)、アセットマネジメント、下水道BCP(事業継続計画)などの策定を行います。

管路施設の計画・設計

 耐震化、長寿命化計画に基づく老朽化施設の更新等、合流改善や雨水流出抑制施設(貯留管など)などの計画・設計を行います。

処理場・ポンプ場施設の計画・設計

 長寿命化計画、新技術を採用した施設の更新計画、地震・津波対策、施設の高度化などを行います。

近年の実績

ISO9001 認証登録

iso9001

Copy right(c) 2004-2013 Sansui Consultant Co.,ltd. All Rights Reserved