dummy

下水道施設の耐震・補強設計

 生活に不可欠な下水道施設は、地震が発生しても、被害を受けることなく、その機能を果たすことが求められます。

 地震国日本では、国が定めた耐震基準に基づいて土木構造物や建築物が建設されますが、その耐震基準は地震災害を経験するたびに改められ、厳しくなっています。


耐震診断と補強設計

コンクリートカッターによるコア採取状況

 耐震診断とは、旧基準で設計された建築物が、現行の新基準の建築物と比べどの程度の強度を持っているかを検討する手法です。

 耐震診断を実施するのは、1981年以前の旧基準で設計された建築構造物と、1997年以前のレベル2照査を行っていない土木構造物が対象になります。

 三水コンサルタントでは、地震による下水道施設の被害を未然に防止するため、旧い基準で建設された施設の耐震診断を行い、現行の基準に合うよう補強設計を行います。

近年の実績

ISO9001 認証登録

iso9001

Copy right(c) 2004-2013 Sansui Consultant Co.,ltd. All Rights Reserved