dummy

下水道施設台帳管理システム

 終末処理場やポンプ場などの下水道施設の継続的な運転と安全・安心な社会資本として維持していくためには、膨大な施設ストックの管理と災害等に対するリスクの管理が必要となります。またこれらの管理を現実的に運営していくための経営では、「アカウンタビリティの向上」、「下水道施策の状況把握と評価」、「情報のデータベース化」が重要と考えます。

 

 三水コンサルタントでは、これらを実践するためのツールとして下水道施設台帳管理システムの導入を提案します。同システムでは、主に次の管理機能を有し下水道事業の効率的な運営に役立てられます。

  • 施設の大分類、中分類、小分類、主要な部品、消耗品別の管理機能
  • 長寿命化対策、耐震対策、資産管理の各機能
  • 今後の長寿命化(改築・更新)を踏まえたLCC算定、更新計画、維持修繕の履歴管理機能

 終末処理場やポンプ場における台帳管理システムへのニーズは以下のようなものがあります。

  • ストックマネジメント手法を踏まえた長寿命化事業の実践
  • 地方公営企業法に適応した資産管理
  • 災害時の危機管理機能 など
 これら高度化するニーズに対応するため、システムは常にブラッシュアップを行っています。
現在は以下のサービスを提供しています。

  • 新規の下水道施設台帳管理システム構築
  • 既存の下水道施設台帳管理システムのリプレース(再構築)
  • データ更新
  • システム保守
  • 管渠台帳管理システムとの連携

近年の実績

ISO9001 認証登録

iso9001

Copy right(c) 2004-2013 Sansui Consultant Co.,ltd. All Rights Reserved