三水コンサルタント

耐震診断・補強設計

生活に不可欠な下水道施設は、地震が発生しても、被害を受けることなく、その機能を果たすことが求められます。

地震国日本では、国が定めた耐震基準に基づいて土木構造物や建築物が建設されますが、その耐震基準は地震災害を経験するたびに改められ、厳しくなっています。

耐震診断と補強設計

コンクリートカッターによるコア採取状況

耐震診断とは、旧基準で設計された建築物が、現行の新基準の建築物と比べどの程度の強度を持っているかを検討する手法です。

耐震診断を実施するのは、1981年以前の旧基準で設計された建築構造物と、1997年以前のレベル2照査を行っていない土木構造物が対象になります。

地震による下水道施設の被害を未然に防止するため、旧い基準で建設された施設の耐震診断を行い、現行の基準に合うよう補強設計を行います。

お問い合わせ

株式会社 三水コンサルタント

本社・大阪支社 〒530-0005 大阪市北区中之島6丁目2番40号(中之島インテス19階)
TEL:06-6447-8181 / FAX:06-6447-8196
東京本社・東京支社 〒112-0002 東京都文京区小石川5丁目5番5号(ユニゾ茗荷谷ビル6階)
TEL:03-5976-9060 / FAX:03-5976-9077
東北支社 〒981-0912 仙台市青葉区堤町1丁目1番2号(エムズ北仙台3階)
TEL:022-728-7205 / FAX:022-728-7207
西部支社 〒810-0801 福岡市博多区中洲5丁目6番28号(ポーラ福岡ビル6階)
TEL:092-282-7050 / FAX:092-282-7055
中部支社 〒460-0002 名古屋市中区丸の内3丁目13番1号(セプトン丸の内ビル4階)
TEL:052-684-9300 / FAX:52-684-9301